» 2017 » 10月のブログ記事

単身パック 県内 相場 安くする方法は?

引っ越し荷物を詰めた段ボールは自分たちだけが中身を把握しているより作業員さんにもある程度把握してもらっておいた方が作業がスムーズです。自分たちだけで引っ越しをするならもちろん自分たちだけが分かっていればいいですが、引っ越し業者を使うなら作業員さんにも知っておいてもらった方がいいこともあります。
引越し1
作業員さんにはどの段ボール箱がどの部屋に行くのかそれを分かっておいてもらいましょう。そのためには作業員さんにわかりやすい目印を段ボール箱につける必要がありますし、もう一つ見取り図を作業員さんに渡すのです。作業員さんが3人なら3枚見取り図を用意します。初めての場所ではさすがにプロの作業員さんでも戸惑うことがありますから見取り図はわかりやすく書いてコピーしておきます。

それだけのことですが作業がスムーズに運ぶし、作業員さんが間違えてとんでもない場所にとんでもない段ボール箱を運び入れるミスが少なくなります。結構、作業員さんのこういうミスがあると時間のロスになります。こちらもちょっと気を利かせて、どの段ボールがどの部屋に行くのかわかりやすくしておくだけで作業員さんの負担が減ります。

作業員さんも人間ですから負担が減ればその分丁寧に作業を進めてくれます。

引越し作業を考慮する時には、いつも使わない物から順に梱包していきます。例えば、食事でいつも使っているコップやお皿などは引越しの前日の夜まで使う可能性があるので残しておきます。
タンス
それ以外の、衣類や押入に入っている雑貨類を段ボール箱に詰めて移動しやすい状態にしておきます。特に衣類などは1日に着るものが分かるので、それを除けばほとんど全ての衣類を梱包することが可能となるはずです。

そして、洗濯機などに関しては移動しやすいように水を完全に抜いておく必要があります。これは、冷蔵庫も同様であり数日前までに冷蔵庫の中の物を全て食べきるようにして、電源を抜いておくスタイルが重要です。

また、家電製品などはトラックのスペースをかなり占有してしまうので、配置を事前に考えておくことも重要です。一端トラックに積みこんでから、配置が悪いのでもう一度下ろしたりすると作業効率が格段に落ちてしまうので、トラックに積みこんでいく順番を最初に考えておきます。

このように、スピーディに作業ができるように事前に様々なことを決めておけば、引越し当日には迷わずに作業する事が可能となります。引越しは慣れるとかなり早く作業完了させることができるようになります。

川崎市内 引越し 料金 相場について

引っ越しで困ることと言えば置き場所にモノが収まらないということ。たとえば洗濯機がそうですね。洗濯機は置くところがあらかじめ決まっていますから他に置こうとしてもできません。第一、排水するところだって決まっているのだから勝手な場所に置くことなんて絶対に無理です。
7395e6204aa3f1cd7374ab2806aa5c57_s
洗濯機が引っ越し先にぴったり収まるのか、冷蔵庫の置き場所は大丈夫かということは事前に確かめる必要があります。冷蔵庫だって旧居と新居ではキッチンスペースが違うだろうし、置き場所によっては使いにくくなったり使えなくなったりします。冷蔵庫の場合は扉の開く向きが決まっているのでそこは注意が必要。へたをするとキッチンに冷蔵庫を置けなくなります。

モノの置き場所に困らないように引っ越し先に行くときはメジャーとメモを携帯しましょう。もちろん引っ越し前に行くのです。引っ越し前に不動産屋から部屋の鍵をもらいサイズを確認しに行きます。ぞうきんを持って行くとついでに軽く拭き掃除ができますよ。計測は正確にしましょうね。

気になるところの寸法は細部までしっかりと。なんとなく気になるところも寸法を測っておきましょうね。メジャーは使い慣れているモノを持って行くことです。

引越しをするときには業者間で費用を比較していく事が重要です。見積もりの担当者を呼ぶと無料で見積もりを作ってもらえるので、その最終的な数字を元に業者を決めていきます。

引越し業者は大手の業者の価格が高くなる傾向にありますが、スタッフの仕事の丁寧さやスピードなども非常にすばらしいので、大手の描写に依頼すると後のストレスが全くなくなる可能性があります。

大手の描写は、玄関口から移動しにくい家具などの場合、ベランダからスロープを使って下ろしていく方法などもあります。

家具類の角に養生をすることで、破損の可能性を最小限に抑えて、多くのスタッフで現場に入ることで安全確認をやりやすいようにしています。人数が多いので作業のスピードがかなり早くなり、予定している段取りの時間よりもスピーディーに作業が完了出来る可能性が高いのです。

そして、引越し先においてもトラックから下ろすスピードも早いため、満足の引越しとなる可能性が高いのです。しかし、その分だけコストは高くなってしまうのでそのあたりの兼ね合いを考える事が重要です。

テレビCMで何度も見るような描写は、広告費用に多くの金を使っていると見るべきであり、その分だけ引越し費用は高くなります。

引越し業者を選定するときに、最初にメールでやりとりをする場合、的確な内容のメールが早めに帰ってくるような業者は、値下げ交渉をしてもはっきりと金額を提示してもらえる可能性が高いのです。

つまり、誠実に対応してもらえる引越し業者を見極めるには、メールで連絡をするのは非常に良い対策となります。

パソコン3

メールの場合には、過去に条件を提示した内容がしっかりと残るので、電話で話すときよりも責任が重くなります。その点で、重要な情報を間違いなく記載してもらえる可能性が高いのです。

引越し業者を選定するときには不安な気持ちになってしまいますが、いくつかの業者を比較していけばある程度決定すべき業者が見えてきます。この段階に来るまで時間がかかってしまうのですが、見積もりをせずに決めるとかなり損をすることになります。

一つの業者に最初から決めるのではなく、全く同じ条件で複数の業者に話を聞いてから考えるべきです。このような段取りをやっていかないと、お得な情報を聞くこともできなければ、値下げ交渉も出来ない可能性があります。

引越しの業者は非常に多いので、いくつも見積書出していけばいくらでも値段が下がるはずです。後は、どこまで引越しの質を落とさないようにするかを見極める事が大事です。