2915523308fe8731cfc9990673d112b1_s

引越しをする前に必要となるのは段ボール箱とガムテープです。作業する前の段階ではそれほど多く必要無いと考えていても、実際に箱の中に家財道具を詰めていくと全然足りない状況が分かってきます。

そのため、引越しの作業を開始する何日も前の段階から段ボール箱を確保する手段が必要となります。食品スーパーなどにおいては数日間で使えそうな段ボール箱が十分に確保出来ない可能性があるので、複数のお店を回るか日にちをずらしてチェックしにいく必要があります。

引越しの作業は非常に時間がかかるため、明確な作業内容をチェックすることも重要です。

例えばCDロムなどが大量にあると非常に引越しの量が多くなるので、パソコンにデータを抽出して全て燃えないゴミとして捨ててしまう考え方もあります。

このように、必要なものと捨てるものを明確に判断していけば、引越しの作業で持っていくものはそれほど多く無い事が分かってくるはずです。

特に、応接セットなどを移動する時にはトラックのサイズがかなり大きくなるので、引越し先でも必要な物であるのか良く考えて、不要かもしれないと考えた場合には早めに処分しておきます。これだけで引っ越しように大きな差が出る可能性があります。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする